精神状態を整えることもがん治療の一環~周囲の人との協力が大切~

気分を明るく保って克服!ハッピーキラー細胞を増やしてがん治療

精神状態を整えることもがん治療の一環~周囲の人との協力が大切~

病院

がんとの向き合い方

がん治療にあたって不可欠なのは、身近な人の協力とブルーにならないことです。
がん治療で抗がん剤を使用すると、通常の細胞も攻撃されることで髪の毛が抜けたり、血小板が減少することで出血がなかなか止まらなくなるといった副作用に悩まされることになります。その時に協力者が居なければ、生活が非常に困難になる上、苦しい思いをし続けることになります。また人の免疫細胞にはハッピーキラー細胞という、悪い細胞を殺してくれる、楽しい気分の方が働きが良くなる細胞がいます。ハッピーキラー細胞の働きを向上させることでがん治療が早くなるので、出来るだけポジディブな気持ちで居続けることが最善です。
がんを上手く治療することを考えると、がんに対しては家族みんなで向き合い、深刻に捉えすぎないようにすると良いです。

がん治療の副作用を抑える方法

がんに対して楽観的になる為には、副作用の苦しみを軽減する為に少し努力すると良いです。まず抗がん剤服用者全員に起こる髪の毛の脱毛に対しては、ウィッグやカツラを上手く活用しましょう。専門店でオーダーメイドで作ってもらうカツラは、見かけではカツラかどうか分からないほど自然に見えます。
また嘔吐や下痢も何気ない対策で軽減することが可能です。吐き気は、冷たい水でうがいをすることで治まりますし、酷い場合には吐き気止めを処方してもらって服用すれば完全に良くなります。そして下痢は、こまめに水分補給を行っておくことで起こりにくくなります。

気をつけるべきがんの症状

がん細胞はどの臓器に起きても元の臓器の働きを持たないので、臓器の働きが弱くなります。さらに腫瘍が血管を塞いだりすることで臓器の働きが停止すると、体に様々な影響があり、最悪死に至ります。がんの早期発見が大事と言われているのは、進行しすぎると手遅れになるからです。

広告募集中