糖尿病患者は要注意!低血糖は血糖値の基準値をチェックして防ぐ

血糖値の基準値を下回っていたら低血糖に注意しよう

糖尿病患者は要注意!低血糖は血糖値の基準値をチェックして防ぐ

ドクター

血糖値と病気の関係

血糖値が基準値を下回っている状態を低血糖と呼びます。この主な原因はインスリンの働きすぎなので、治療としてインスリン投与を毎日行っている糖尿病とは深い関係があります。
しかし血糖値を異常に下げる原因はインスリン投与だけではありません。がん細胞も、異常な速度で成長と分解を繰り返すために大量にブドウ糖を消費するので、がんの初期の場合も低血糖になることが多いです。
つまり、体力回復が遅かったりめまいが起きたりという低血糖の症状が頻繁に起きる時は、糖分の摂取が足りないのではなくがんによって糖分を奪われている可能性があります。低血糖に陥ったらそれをがんのサインと捉え、検診に行きましょう。

低血糖が及ぼすトラブル

軽度の低血糖の症状は、めまいや頭痛などありふれたもので、なかなか低血糖だとは気づきにくいです。しかし重度の低血糖になると意識がだんだん朦朧とし、昏睡状態に陥ります。
低血糖の厄介なところは、軽度の低血糖を何度も経験することで体が慣れてしまい、症状が出なくなることです。すると血糖値が下がってきても体に不具合を感じず、そのまま低血糖が重症化して突然倒れるという事態が発生します。
また低血糖は、糖分の摂りすぎも控えすぎも原因となりえます。すると一度低血糖に陥ると、気軽に糖質制限や断食といったダイエットが出来なくなるという制限もあります。

低血糖を改善する方法

昏睡状態から回復する方法は、糖尿病の患者は備えとして持っているグルカゴン注射です。これは血糖値を上昇させるホルモンなので、注射によって低血糖から回復します。また血糖値を上げるにはブドウ糖を摂取するのも効果的です。ブドウ糖は分解の必要が無いので、すぐに血中の糖分となってくれ、軽度の低血糖から復帰することができます。

広告募集中