女性に多い卵巣がんは薬や食事で発症確率を下げる

卵巣がんの特徴を把握して発症しないよう注意を払う

女性に多い卵巣がんは薬や食事で発症確率を下げる

女性

卵巣がんについて学ぶ

卵巣がんは女性特有のがんの一つで、40才から60才に患者が多いです。代表的な症状は腹部に水分が溜まることによるハリなどですが、しこりが認知しずらい位置に出来るので進行を許してしまうことが多いです。その為発見時には既に転移していて、両方の卵巣がやられている事がほとんどです。

卵巣がんを対処する方法

卵巣がんの原因の一つは、卵子の放出しすぎであると言われていて、その為患者は40才を過ぎた方が多いです。卵巣を傷つけないためには、ピルを飲むことで卵子の放出を少なく抑えるという手があります。
また脂肪の多い食事も卵巣がんになりやすくするので、脂質を摂りすぎないように気をつけましょう。

人気の卵巣がん治療方法ランキング

no.1

抗がん剤は絶対に必要

転移しやすい卵巣がんは、卵巣のがん細胞を駆逐しても再発や別の部分にがんがある可能性が高いので、全身療法である抗がん剤で全身のがん細胞を駆逐することが治療において必須です。

no.2

放射線療法なら切らなくて良い

抗がん剤を使う前に、局所療法で卵巣がんを治しておくと抗がん剤の投与期間が短くなります。放射線療法なら、注射で内部に放射能を入れてがん細胞に攻撃する手段を使えばメスを入れることなく治療ができます。

no.3

手術療法なら副作用がない

治療方法の併用によって副作用が重なるのは体に重い負担をかけてしまいますが、卵巣を手術で切除するなら副作用は抗がん剤のもののみで済みます。40才を過ぎている患者は卵巣の必要が無いため、切除してしまっても問題ありません。

NK細胞療法が注目されている理由

NK細胞は、異常な細胞を殺す働きのある免疫細胞です。これは幸せな気分になることて活性化することからハッピーキラー細胞とも呼ばれ、これを利用すると傷跡も副作用もなくがん細胞を駆逐し切ることが出来るため注目されています。

広告募集中