身近な方法でがんの発生を予防!乳がん検診で早めに対処しよう

がんは悪化の前に気付くことが大切~乳がん検診の必要性~

身近な方法でがんの発生を予防!乳がん検診で早めに対処しよう

診察

乳がんのリスクを減らす方法

乳がんになる可能性は、生活習慣を見直して改善することで下げることができます。その方法とは、発がん性物質を出来るだけ体に入れないことと、免疫を強化することの二つを目指しています。
発がん性物質の摂取を抑えるには、タバコを止めることが最も効果的です。タバコには発がん性物質が大量に入っているため、喫煙者のがん発生確率は非常に高いです。
がん細胞に対する免疫は、ハッピーキラー細胞が担っています。これの働きを良くするためには、適度な運動が効果的です。運動を楽しむことで免疫を強化出来る上、がん細胞の成長を促進する原因である肥満を運動で抑えられれば一石二鳥です。

乳がんの経過をチェックしよう

マンモグラフィや超音波検査で微小な腫瘍が見つかっても、経過観察という判断を下されることも良くあります。それは乳腺部に出来る腫瘍の中には、乳腺線維腺腫や乳管内乳頭腫といった良性の腫瘍もあり、一概に悪性のがん腫瘍だとは言えないからです。
経過観察と言われた場合は、まず毎年乳がん検診を受けに行くようにしましょう。そこで安心して放置してしまうと、もしがん腫瘍だった場合にがんを育ててしまうことになります。またがんを疑う症状が出た場合にも検診に行きましょう。例えば乳房に動くしこりがある、腕のむくみや痺れを感じるという症状は乳がんの代表的な症状です。経過観察とはこうした違和感に敏感になることを指します。

乳がんの診断を受けるべき理由

若い女性の場合、乳がんが進行すると授乳出来なくなる可能性があります。また乳がんはリンパの流れを阻害するため、放置しておくと腕にリンパ液が流れなくなって痺れるようになります。早期発見していれば防げた展開を防げずに後悔したくないのなら、定期的な乳がん検診を受けておきましょう。

広告募集中