がん治療は再発を防いで初めて完治する~術後療法の重要性~

がんの特長

がんは、コレステロールの増加を避けたり血糖値を基準値に保つというある程度の対策は可能です。しかし対策したからといって必ずならないという訳ではなく、いくら気をつけても誰でもなりうる病気です。

がんの特徴を把握して正確な方法でがん治療を行おう

女医と患者

がんになる原因

がん細胞は、言うなればエラーです。DNAの読み取りに失敗して出来てしまった細胞が、異常を監視するシステムをすり抜けることが原因で元の細胞が生まれます。DNA読み取りの失敗は誰でも起こりうる事ですが、それを助長するのが発がん性物質と呼ばれる物質やコレステロールです。

がんの対処法

がんは放置して治る病気ではないので、発見され次第すぐに治療に取り掛かるのが最善です。がんへの対処法は、手術で腫瘍を摘出したり放射線でがん細胞を死滅させるといった局所療法と、抗がん剤で全身のがん細胞にダメージを与える全身療法があります。がんの出来た部位によって効果の程度は異なりますが、これらは全てがんに有効な対処法です。

がん治療法の比較

局所療法なら小さい副作用で治療を済ませられる

手術療法は、患部を摘出する方法で、副作用の全くない治療法です。放射線療法は、副作用は治療した部位の軽い被曝のみで、体を傷つけずに治療できる手段です。このように体への負担を少なくして治せるのが局所療法の魅力です。

全身療法を使えば体の中のがん細胞を一掃できる

全身療法である抗がん剤投与は、体内のすべてのがん細胞に対して攻撃して殺します。すると、乳がんや卵巣がんといった転移しやすいがんにかかった時、転移がんも一緒に潰すことが出来たり、これから転移しようとしている血中のがん細胞も取り除けます。

がん治療について学ぼう

ドクター

糖尿病患者は要注意!低血糖は血糖値の基準値をチェックして防ぐ

がんの兆候の一つに低血糖があります。低血糖に関するこの記事を読むことで、自分の血糖値が知らないうちに基準値を外れていないかに敏感になりましょう。

READ MORE
病院

精神状態を整えることもがん治療の一環~周囲の人との協力が大切~

がん治療では如何にがんと向き合うかも大切です。この記事では、がん細胞をいち早く駆逐するためにどんな行動を取れば良いかが紹介されています。

READ MORE
診察

身近な方法でがんの発生を予防!乳がん検診で早めに対処しよう

女性に一番多いがんは乳がんです。そのリスクを下げ、がんの早期発見を目指すために、この記事を読んで基本知識を身につけておきましょう。

READ MORE
女性

女性に多い卵巣がんは薬や食事で発症確率を下げる

この記事では、あまり知られていない卵巣がんに関して紹介しています。また副作用の無いNK細胞治療の事も触れられているので読んでおきましょう。

READ MORE

[PR]ワスノンの口コミを一挙大公開☆
物忘れを解消したいなら必見!

がん治療でよくある質問

副作用の少ない全身療法はないの?

化学療法の中には、体の免疫に働きかける免疫治療薬の投与もあります。これはがんによって抑制されている免疫力を元に戻すことで、体本来の免疫によりがん細胞を駆逐する方法で、抗がん剤より副作用を軽減して治療を進められます。

がんが重い場合はどうやって治すの?

がんによる腫瘍が肥大化し、血管の圧迫などに繋がって今すぐ切り取らなければならないという場合、手術ですぐに切除を行います。しかしそれほど進行したがんは再発や転移の可能性が非常に高いので、さらに抗がん剤を併用して経過を見守るという治療が一般的です。

がん治療には幾らくらいかかるの?

治療する部位によって費用はかなり異なりますが、例えば卵巣がんの場合、抗がん剤の費用の目安は数十万円、手術の費用の目安は60万円です。その上で公的医療保険に加入していれば負担額は3割で良いので、手術は20万円、抗がん剤は10万円程度が実際の費用になります。

がん治療の流れ

まずは検診でがんかどうか確認

しこりなどの自覚症状がある場合や、定期検診の機会でがん検診を受けることからがん治療は始まります。乳がん検診の場合はマンモグラフィを受け、そこで悪性腫瘍が見つかれば治療に移ります。

局所療法の前に術前療法

大きいがんは手術で切除しますが、手術の合意が取れ、オペの日になるまではこうした治療はできません。その間のがんの進行を食い止めるために、抗がん剤を使用してゆっくりとがん細胞を攻撃するのが術前治療です。

治療の鍵となる局所療法

患者の合意が得られ決められた日程になると、手術が開始されます。これは成功するかどうかが患者の命に関わるので、いわばがん治療のメインです。手術ではがん細胞を取りきるのが目標なので、その為に2回に分けて手術をすることもあります。

事後診療で患者の状態を把握

手術や放射線療法の後は、患者をカウンセリングすることで、痺れがないか、痛みはないかなどといった患者の健康状態を聞き出します。ここで手術の成功を確認すると共に、その後の治療方針についても決定します。

術後療法で再発と転移を防ぐ

がんによる腫瘍が完全に取り切れても、まだ転移や再発の可能性が十分にあります。どこにあるのか分からないがん細胞まで駆逐する為には、全身療法である抗がん剤投与を、術後療法として再び行うのが定石です。

広告募集中